大相撲で人命よりしきたり優先!!人命救助中の女性に土俵降りよの指示!?

シェアする

 4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市で開かれていた大相撲の春巡業「大相撲舞鶴場所」で、土俵上であいさつをしていた多々見(たたみ)良三・同市長(67)が倒れた。土俵に倒れた市長を男性たちが取り囲む中、女性が中心部に入り、心臓マッサージを続けているとその間に少なくとも3回にわたって「女性の方は土俵から降りてください」「男性がお上がりください」などと場内アナウンスが入り場内にどよめきが起こった。

春巡業は4日朝から舞鶴文化公園体育館であり、横綱の白鵬関、鶴竜関ら幕内力士の取組などが行われた。

 市民らでつくる実行委員会などによると、4日午後2時過ぎ、多々見市長はあいさつ中、突然あおむけに倒れた。女性数人が土俵に上がり、救急隊員が駆け付けるまで、心臓マッサージなどの応急処置を実施した。場内では「女性の方は土俵から下りてください」とのアナウンスが何度か流れたという。

アナウンスを聞いた女性の1人が直後に土俵から降りようとしたが、もう1人の女性が腕を組んで止めようとする様子も見えた。

実行委は「救急隊員に処置を引き継いだ後に放送が流れたと認識している」と説明している。

一方、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は4日夜、協会の行司が「女性は土俵から降りてください」と複数回アナウンスしたことを認めた上で、「とっさの応急処置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫(わ)び申し上げます」とのコメントを出した。

市長は救急車で病院に運ばれ精密検査を受けており、意識はあり、会話もできるという。

この件についてネットでは

人命より大事なしきたりなんてあるの?

女性のスタッフの方が行動早いやんけ

最近の日本って命を軽く見てない?
ストックあるわけじゃねーんだぞ

との意見も上がっています。

不祥事が続く相撲協会ですが、規則を重んじて人命軽視とも取れる行動を取ってしまうのは

非常に残念です。

日頃から救命処置を咄嗟に施せるように相撲協会の方々が訓練されていて実施できる体制なら

良いですが、できなかったから女性達が救命のために駆けつけた訳で・・・

初期対応が遅れると重い後遺症が残ってしまったり、最悪の場合命を落としてしまうことも

あるかと思います。

あの状況で「助けなければ!」と行動できた方々、本当に素晴らしいですよね!

早く市長さんが全快されることを願ってます。