浅草夏の夜まつり とうろう流し!2018年の日程や混雑情報、屋台をチェック!!

シェアする

夏のお盆を感じる「浅草夏の夜まつり とうろう流し」!

浴衣で参加される方も多く、気になる混雑状況も早速チェック!!

日程や時間

開催期間 2018年8月11日(土曜日)

雨天決行
※荒天順延 順延決定は前日11:00

開催時間 18時30分〜20時15分
会場 吾妻橋~言問橋 隅田川沿い遊歩道コース

とうろう流し 隅田川 吾妻橋親水テラス

タイムスケジュール

14時00分 受付

参加 とうろう 1個 1,500円
見学 無料

※とうろうが無くなり次第終了

隅田公園入口(水上バス乗場前)

東京都台東区花川戸1-2

18:時00分 式典・流し初め
18時45分〜20時00分 灯篭流し

お祭りの歴史

昭和21年の復興祭に始まった行事。故人の冥福と世界平和を祈願して無数の灯籠が流されます。

昭和41年の春、高潮防止のため両岸に防潮堤の整備が行われた際、昭和40年を最後に

燈籠流しの風情はなくなってしまったが

平成17年、隅田川親水テラスの連続化及びスロープ整備もととのい、国際的に魅力ある都市空間として再生することを目的として、「流灯会」を復活させた。

2018年は、墨田区、台東区観光分野の連携に関する協議が結ばれたことを記念して行われます。

浅草とうろう流し

出典;浅草観光

混雑情報

昨年の混み具合は・・・

14時、受付直後から多くの人が集まる。

15時00分〜16時00分、比較的空いている。

18時00分、とうろうが既に無くなる。

18時45分、とうろう流しの時間になると鑑賞する人が橋の上に殺到。

といった状況でした。

2018年は墨田区側の隅田公園からも鑑賞できるようになったので昨年よりも混雑が緩和される可能性はありますが

鑑賞のみならば隅田川を渡って見に行くのが良いかと思います。

観覧クルーズ情報

人混みが苦手で・・・という方には

観覧クルーズを利用してみてはいかがでしょうか?

1人2000円(3歳以上から)で灯籠流しと隅田川クルーズが堪能できますよ!

気になる方はコチラ

屋台はあるの?

とうろう流しでの屋台設置はないそうです。

ですが、浅草寺、仲見世通りが近いのでレトロな雰囲気の中で飲食を楽しめるかと思います。または隅田川を渡り、東京スカイツリーまで足を運ぶのもアリかもしれないですね!

交通アクセス

当日の交通規制はありませんが混雑が予想されるので公共交通期間を利用した方が

良いでしょう。

・都営浅草線、東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線 浅草駅から徒歩3分
・水上バス 浅草すぐ

まとめ

いかがでしたか?

水面に揺れるとうろうの幻想的なムードは本当にキレイですよ!

最後までお読みいただきありがとうございました!!