中目黒夏まつり!2018年の日程や時間、見どころをチェック!!

シェアする

今年で第53回目となる中目黒夏まつり!

8月4日(土)は阿波踊り、8月5日(日)はよさこいを開催し暑い夏を盛り上げます!!

日程や時間

基本情報

開催期間 2018/08/04(土) ~ 2018/08/05(日)
開催時間 17:30~20:30

備考:両日共に15:30より開始前イベントとして有志の連、チームが

中目黒GT交通広場前にて演舞します。

会場 目黒銀座商店街・中目黒駅西銀座商店街・中目黒GT

タイムテーブル

1日目 阿波踊り(1100名)

GT広場前 15時30分〜 デモ踊り
17時30分〜 セレモニー
中目黒周辺通り 18時00分〜 流し踊り

地元の目黒連をはじめ、各地で活躍の有名連も多数出演!

生のお囃子と個性豊かな踊りが魅力!!

2日目 なかめぐろよさこい(1100名)

GT広場前 15時30分〜 デモ踊り
17時30分〜 セレモニー
中目黒周辺通り 18時00分〜 流し踊り

100名近い大きなチームから「わきあいあい」のグループ・地元保育園のチームまで多数のチームが出演されます。

ダイナミックで迫力のある音・スピード感と優雅さのコントラスト、工夫を凝らした衣装など

魅力満載!!

今年も両日ともに開始前にイベントがあるそうなので楽しみですね!

お祭りの歴史

中目黒夏まつりは1965年に、目黒銀座商店街の店主らによって構成し結成された、都内で

高円寺に次ぐ、歴史あるお祭りです。

中目黒
出典;中目黒

お祭りの見どころ

毎年2万6千人近くが訪れる『中目黒夏まつり』!!

その見どころは・・・


出典;YouTube

やはり、阿波踊りやよさこいといった『日本の夏まつり』を間近で感じられるところで

しょうか!?

すごい迫力ですよね〜。

両日ともに18時〜いっせいに踊りが始まるのでそれまでに観覧場所を確保しておいた方が

良さそうですね。

屋台は出るの?

地元商店街の飲食店の模擬店が毎年出ています。

中でも『中目黒グリル』の焼きそばは絶品で鉄板で焼かれる海鮮ネタがいい香りをかもし出すため、並ぶお客さんも多いです。

是非!!

アクセスとオススメの駐車場は?

電車で行く場合

地下鉄日比谷線・東急東横線「中目黒駅」から徒歩2分

中目黒駅正面の改札を出て右方向に進む。駅からすぐ横の白い建物が「中目黒GT」です。

商店街は東横線を挟んで東と西に南西の祐天寺方面にお店が並んでいます。

車で行く場合

首都高速3号線をご利用の場合

中目黒GT

出典;中目黒GT

都心方面から

「渋谷出口」で下り、玉川通り(国道246号線)大坂橋交差点を左折して山手通り(環状6号線)へ。

東名方面から

「池尻出口」で下り、玉川通り(国道246号線)大橋交差点を右折して山手通り(環状6号線)へ。

※中目黒駅ガードを直後の立体交差側道より、中目黒立体交差点で折り返してください。

駐車場について

中目黒夏祭り会場には、来場者用の駐車場はありません。

また、お祭りは混み合うので車での来場は控えた方が良さそうです。

やむを得ず車で行く場合、近隣の駐車場はこちら!

1時間あたりの駐車料金は500〜600円が相場となっており、ちょっと高めです。

まとめ

いかがでしたか?

圧巻の阿波踊りやよさこいに口を閉じるのも忘れて魅入っちゃいそうですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!!