仙台老人ク連合会が謝罪 車内に「敬老者が乗車します」の置き紙

シェアする

まさに老害!?

宮城県内のJR東北本線で、電車の中の座席の上に老人クラブのグループ名で「席をお譲り下さい」との置き紙があったと、ツイッターで疑問や批判が相次ぐ炎上状態になっている。

伊達なクラブ
出典;imgur

同連合会の事務局長によると、グループのメンバー1人が電車内に置き紙をしたことを認めた。

置き紙は、座席の座部に載せてあり、A4判ぐらいの白い紙に大きな字で印刷されていた。

「次の駅から、敬老者が16名乗車します」。置き紙には、こう書かれており、前の駅で乗ったグループのメンバーが座席に貼り付け、「場所取り」をしたらしい。

メンバーらが乗ったのは、4月9日午前9時台の電車だといい、60代のメンバー1人が仙台駅で乗って、16座席に置き紙をした。次の長町駅でほかのメンバーが乗り、お花見をするため大河原駅で降りた。

このメンバーは、ほかのメンバーに80代ぐらいの高齢な人が多いため、気を使って席を確保したのではないかとした。ほかのメンバーは、置き紙をすることは知らなかったという。

一方、ツイッター上の投稿によると、電車の中は当時、宮城県大河原町内の花見名所に行く乗客らで混雑しており、乗客は、置き紙のある座席に座らず、立っていたという。電車の車掌が回って来て、グループのメンバーに注意したともいう。

この件についてネットでは

これは老害ですわ

「敬老者が16人乗車」ってことは老人を敬う側の人間が座るという意味になるが…?

気持ちは分からないでもないけど、
貸し切りバスとかタクシー用意したほうが良かったんじゃないの

といった声が上がっている。

一方で ツイッター上などでは、なかなか席を譲ってもらえない事情があるのでは、健常者目線で物事を判断しない方がいい、といった指摘が出た。

連合会の事務局長は、

「誰でも自由に座れる場所ですので、いくら高齢者でも、このような行為は問題があると思います。車内のルールを守る必要があり、紙を置いた会員を指導し、ほかの会員にも周知するつもりです。ホームページ上でも、謝罪文を掲載する準備をしています」

と語り、謝罪した。

こうした行為は、過去に聞いたことはないという。事務局には、お叱りの電話やメールが数件来ていることも明らかにした。

JR東日本仙台支社の広報担当者は、「特にお知らせする内容ではないと考えています。調べる予定はなく、お答えすることはございません」と取材に答えた。

いくら敬うべき高齢者とはいえビックリなニュースです。

老害の特徴

①自説を変えない

②古い価値観を強要

③臭い(老人臭)

④暇なため話が長い

⑤都合のいい時だけ年寄りぶる

⑥気が短い

⑦紙をめくるときや、札を数えるときに指を舐める

⑧偉そう

老害はなぜ起こるのか

全体的な脳の容積は、年齢に応じて男女ともに同じスピードで減少する。だが、運動や感情を調節する尾状核といった部分に関しては男性の方が早く減少することが判明。この部位は、パーキンソン病、注意欠陥多動性障害などの神経精神障害と関連があることで知られているところ。

男性の方が感情的コントロールや身体を操作する力が、女性より早く衰えてしまうのだ。男性は歳をとるほど孤立しやすく、その言動が周囲から「老害」などと言われるのは、脳の老化が問題とも言えよう。

この置き紙をしたメンバーの方もご自分のお仲間を思う優しい気持ちはあったものの

その優しさは自分達と同じ座席を優先されるべき人々(他の高齢者、怪我している方、妊娠中の方、小さいお子様連れの方など)には向けられなかったのかと思うと残念です。

せっかくのお花見ですし、マナーを守って楽しめるといいですね。