くろほね夏まつり!2018年の日程や時間、見所をチェック!!

シェアする

今年第31回目となる群馬県桐生市のくろほね夏まつり

昔ながらのお祭りに懐かしさを覚えるこのお祭り。

2018年はどのようなお祭りとなるか!?早速チェック!!

日程や時間

開催

期間

2018年8月15日(水)、16日(木)
開催

時間

15日(水)6時00分〜22時00分

16日(木)12時00分〜21時50分

会場 黒保根運動公園(わたらせ渓谷鐵道の水沼駅すぐ近く徒歩1分!!)

タイムテーブル

8月15日(水曜日)

時間 催事内容
18時00分〜18時20分 開会式
18時20分〜19時30分 子ども八木節
19時30分〜21時50分 八木節大会(予選)
21時50分〜22時00分 閉会

8月16日(木曜日)

時間 催事内容
12時00分 ミニトレイン
13時30分〜15時00分 マスのつかみどり(受付は午後1時00分から)

※捕まえた魚は持ち帰れます!

18時00分〜18時10分 開会
18時10分~19時20分 子ども八木節
19時20分~19時10分 八木節大会(決勝)
21時10分~21時25分 審査発表・閉会式
21時25分~21時50分 花火大会

※約2000発打ち上げられます!

どんなお祭り?

黒保根で最も大きなお祭りで毎年8月15日・16日に行われています。
会場は例年、わたらせ渓谷鐵道の水沼駅徒歩1分という近さの黒保根運動公園で行われています。
昔ながらの懐かしい感じのするお祭りです。

お祭りの見所は?

八木節

北関東を中心に広がる郷土芸能「八木節(踊り)」。
地元黒保根の子ども達で結成される「子ども八木節」の他、両日ともに八木節の共演大会や
みんなでやぐらの周りを踊ります。

マスのつかみ取り

大自然の中で川に入ってマスのつかみ取り!宝探しみたいで楽しいですよ!!


出典;Facebook

屋台

おまつりと言えばコレ!やっぱり屋台ですよね〜!!

『くろほね夏まつり』ではたくさんの屋台が出ているので、やぐらの八木節踊りの輪の中に

出入りしながら飲んで、食べてと楽しめます。

花火

最も祭りが盛り上がるフィナーレを約2000発の花火が締めくくります。

山の間に響き渡る花火の音と光は圧巻です。

交通アクセスとオススメの駐車場は?

電車で行く場合

わたらせ渓谷鐵道「水沼駅」から徒歩約1分

※8月16日のくろほね夏まつりの花火をゆっくり観られるようにと、花火の終了時間にあわせて臨時列車「くろほね夏まつり花火列車」が1便のみ運行されるので、花火を観てから帰れます。

わたらせ渓谷鉄道:臨時列車「くろほね夏まつり花火列車」
運行日 水沼駅発 桐生駅着 運賃
8月16日(木曜日) 22時15分 22時46分 無料

車で行く場合

北関東自動車道 伊勢崎インターチェンジから国道122号経由、車で約40分

駐車場について

無料駐車場あり(150台)

※駐車場は混雑するのでわたらせ渓谷鉄道の利用がオススメです!

まとめ

いかがでしたか?

昔ながらの日本の夏まつりの雰囲気が味わえてほっこりしそうですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!!