かまくら祭り2019 !栃木県日光市湯西川の日本夜景遺産は必見の価値アリ!?

シェアする

源氏との壇ノ浦の合戦で敗れた

平家の落ち人達が

命からがら逃げてきた土地として有名な

奥日光。

冬は雪深いこの地で

栃木県内最大規模のスノーフェスティバル

かまくら祭り」が

今年も開催されます!

なんとこのお祭り!

2009年(平成21年)に

「沢口河川敷のミニかまくら」が

日本夜景遺産」にも認定されているという美しさ!!

観てうっとりするだけでなく楽しみ方は色々。

どんなお祭りなのか!?

早速チェック!!

どんな楽しみ方があるの?

2019年1月26日(土曜日)から

3月3日(日曜日)まで

栃木県日光市湯西川温泉に7箇所の特設会場が設けられ昼・夜それぞれ違った楽しみを

提供してくれます。

では、

それぞれの会場の楽しみ方、魅力を

解説していきますね!

湯西川会場

出典;日光旅ナビ

①平家の里

こちらがメイン会場となっております。

大きなかまくらがあり、

お食事処で1000円以上のお買い上げをした方は

この大きなかまくらの中に入って

食事したりと楽しむことができるのです。

この他、

有料ですが雪遊び広場でのそり遊びも

楽しめます。

そして開催期間中は

毎夜平家の里ミニかまくらのライトアップが

楽しめますよ。

なお、

2月3日(日曜日)は節分ということもあり

特別に10時30分から節分祭もあります。

開催

時間

9時00分〜21時00分
入場料 一日

利用券

大人/510円、小人/250円
ナイト

チケット

(17時00分

〜21時00分)

大人/300円、小人/200円

②湯西川水の郷スノーパーク

こちらでは

長い雪のすべり台でのそり滑り、

大きなかまくらなどの雪遊びが体験できます。

なんとこちらの入場料には

そり遊び代、水の郷観光センター入浴料が

含まれているのです!

嬉しいですよね〜♡

雪遊びって盛り上がってくると

実は汗かくことも多いですし・・・

たくさん遊んだ後は

温泉でホッと一息なんてのもいいですよね!

水の郷観光センターはコチラ

開催

時間

10時00分〜15時00分

(最終受付は14時00分)

入場料 大人/1000円、小人/500円

③沢口会場(かまくらバーベキュー会場)

こちらの会場では

真冬にかまくらの中でバーベキュー

できちゃいます!

バーベキューの熱でかまくらの中はもう

ぽっかぽか!

寒い所にいながらしてぽっかぽか、

なんか贅沢な気分ですね。

開催

時間

11時00分〜15時00分

※営業時間は下記の時間で各50分間

・11時00分〜

・12時00分〜

・13時00分〜

・14時00分〜

料金 ・1人前1500円(2人前より受付)

・かまくらバーベキュー使用料

1棟1500円(50分間)

定休日 毎週水曜日・木曜日

せっかく行ったのに混んでて

利用できなかったなんてことにならないために

先行予約もやってます!

先行予約

受付期間

2019年1月18日(金曜日)

〜1月25日(金曜日)

先行予約

受付時間

10時00分〜14時00分
先行予約

受付電話番号

070-2621-9215

※1月23日(水曜日)と

開催期間中の水曜日・木曜日はお休みです。

予約しておくとちょっと安心ですね!

④沢口河川敷ミニかまくら会場

こちらは「日本夜景遺産」に認定されていて必見の価値アリ!

湯西川 ミニかまくら

出典;とちぎ旅ネット

30〜40cmサイズの「ミニかまくらの」中に

夜になるとキャンドルの火を灯すという

なんとも美しく幻想的な夜景

堪能できるのです!

是非、1度は観たいと思う方も多いのではないでしょうか!?

かまくら祭り開催当初は

200個程度のミニかまくらだったのが

今では1500個以上のミニかまくらが

作られています。

点灯時間 17時30分〜21時00分

※天候により遅延・中止の場合あり

定休日 毎週水曜日・木曜日

⑤平家慈光寺会場

開催期間中の17時30分〜21時00分まで

ライトアップされます。

なお、開催期間中の土曜日のみですが

すぐ近くの「平家そば志おや」で

16時30分〜19時00分の営業時間内に

そばと甘味のセットを味わうことができます。

⑥ぼんぼりとプチかまくらのイルミネーション

17時30分〜21時00分にぼんぼりに灯りが

灯され幻想的なイルもネーションを

ご覧いただけます。

⑦今淵会場

会場内の「なかや食堂」にて

土日祝日のみ数量限定で

特別メニューの提供があります。

また、

17時30分〜21時00分には

ライトアップも楽しめます。

ご注意!!

「かまくら祭り」は雪深い中での開催なので

スノーブーツや靴底の面が荒いものが

オススメ!

革靴やヒールなどの転倒リスクの高いものは

避けた方が良さそうです。

もちろん

車での来場時は

スタットレスタイヤやチェーンの用意

欠かせません。

せっかくの「かまくら祭り」。

事故なく楽しみましょう!!

交通アクセス

電車・バス利用の場合

野岩鉄道会津鬼怒川線「湯西川温泉駅」下車

→日光交通ダイヤルバス「湯西川温泉行き」乗車(約20分)

→終点で下車

→徒歩(約10分)

車の場合

日光市宇都宮道路今市I.C

→国道121号・県道249経由で約70分

駐車場

普通車50台まで駐車可能

駐車料金は無料

まとめ

いかがでしたか?

昼はアクティブに、夜はしっとりと・・・

それぞれの魅力があって楽しみ方も

色々ですね!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!!