熱中症対策!あなたは大丈夫!?

シェアする

梅雨明け宣言も出されついに夏突入!!

暑い日が続き毎年この季節になると熱中症にかかり最悪の場合命を落とすケースもあります。

今回はそんな惨事を免れるためにどんな対策を取れば良いのかを調べてみました。

熱中症とは?

我々の体は暑くなると皮膚から熱を外に逃がしたり汗をかいたりして体温が36度前後に保たれるように調整しています。

しかし気温が高い場所や、湿度が高い場所に長くいると、体温調節機能が上手くはたらかず、体の中の熱を外ににがすことができなくなり、体の中に熱がたまってしまうことで体温が上がって体調を崩す、時には命を奪うことがあるという恐ろしいものです。

つまり

屋外だけでなく屋内でも気温が高い場所や、湿度が高い場所に長くいると熱中症になる恐れがあるということです。

熱中症の症状は?

初期症状

・ズキンズキンとする頭痛やめまい

・吐き気

・立ちくらみ

・倦怠感

・筋肉のこむら返り(足がつるなど)

・汗がふいて出る

熱中症

対策

1、涼しい場所に避難

ここで注意が必要なのが屋外の日陰に避難するだけではダメということ。

日陰にいても熱風を浴びていたらいつまでたっても体は冷えてきません。

冷房の効いた屋内に避難しましょう

2、衣服をゆるめ体を冷やす

体を冷やすには大きな血管を冷やすのが早いです。

頸(くび)、腋(わき)の下、大腿(もも)のつけ根をしっかり冷やしましょう。

3、水分・塩分を補給しましょう

汗で失われた大量の水分、塩分を補給します。

水分だけでなく塩分も一緒に補給することで効率よく血管内に水分を引き込むことができます。

夏にスイカに塩を振って食べるのは実に効率が良い水分補給ですね!

この初期症状を見逃さずに重症化するのを防ぐことが大切です!!

危険兆候

・暑い場所にいるにもかかわらず全く汗をかかない

・皮膚が乾燥していて触るととても熱をもっている・頭がガンガンする(頭痛)

・吐き気がする、吐く

吐き気

・体がだるい(倦怠感)

対策

1、まずは初期症状発生時の対応を取ります。

2、足を高くして休む

すでに体の水分が少なくなっているため、足を高くして休むことで体の大切な臓器に血流を集めます

3、自分で水分、塩分の摂取ができなければすぐに病院へ!

自分で口から水分、塩分が摂取できなければ病院で点滴をしていただいて直接血管内に水分・塩分補給するしか方法がありません。

超危険兆候:意識障害がある

・呼びかけに反応がない

意識障害

・応答が異常である

・体が惹きつける(痙攣)

・まっすぐ歩けない・走れない

・体温が高い

対策

これは超緊急事態です!
すぐに救急要請し救急隊到着まで初期症状時の対策、危険兆候時の対策を取りましょう!

熱中症対策グッズ

とにかく頭を冷やすならコチラ!

熱中症対策グッズ ヘルメット インナーキャップ クーリングメット HO-67【熱中症対策/クールキャップ/インナーヘルメット/工事現場/作業着/安全帽/保護帽/ムレ防止/夏】(DM便可能・ネコポス可能/2個まで)    熱中症対策グッズ ヘッドクールSサイズU-R346(熱中症防止、頭を冷やす、涼しい帽子用)(メール便対応)

出典;楽天市場              出典;楽天市場

くび周りを冷やすならコチラ!

送料無料!【★数量限定★ご奉仕品★】熱中症対策グッズ ネッククーラー 【 冷か朗 BR-501 】首すじと背中がクール!クールバンダナ!アイスバックの同等品熱中症対策 グッズP19Jul1502P03Dec16             ひんやりタオル 冷感タオル クールタオル 熱中症対策グッズ 【10枚セット 送料無料 】 冷感 ひんやり バンダナ スカーフ 冷感スカーフ アウトドア キャンプ キッズ 子供 熱中症対策 冷感グッズ 熱中症

出典;楽天市場              出典;楽天市場
レジャーやスポーツといった熱中症リスクが高い時にはコチラ!

送料無料!熱中対策応急セット !【熱中症対策キットDX デラックス BR-610】ポーチに入った熱中症予防キット 熱中症対策キット 熱中症対策 グッズ02P03Dec16            熱中症対策キット コンパクトなクーラーバッグに入ったセット 瞬間冷却剤/水分補給ゼリー/塩分チャージ タブレッツ/涼感ひんやりタオル/経口補水液/保存水/熱中症予防カード/工場/スポーツ/アウトドア/塩分補給/防災グッズ 防災セット/熱中症対策グッズ/保冷バック

出典;楽天市場              出典;楽天市場

まとめ

いかがでしたか?
夏を楽しむためにも熱中症の知識と対策をしっかり持ちましょう!
また、「ちょっとの間だから・・・。」と車内にお子さんやペットを置き去りにするのは絶対にやめましょう!たとえ寝ていたとしてもです!
車内放置
子供やペットはすぐに脱水、熱中症にかかり放置すると命に関わります!
起こすのがかわいそうよりも未来を奪う方がよっぽどかわいそうです。
少しの注意で楽しい夏の思い出をたくさん作って行きたいですね!