どんと祭2019!仙台市はいつ開催?神様をお見送りするために燃やすものとは?

シェアする

宮城県仙台市の大崎八幡宮で開催される

全国最大規模の

どんと祭(どんとさい)」!

毎年数十万人の人出で賑わいます。

いったいどんなお祭りなのでしょうか!?

いつ開催されるの?

神様をお見送りするのに何を燃やしているの?

など・・・

気になることを調べて見ました!

「どんと祭」とは?

お正月に神様をお迎えするのにお飾りを

用意したりしますよね?

「どんと祭」とはざっくり言うと

歳神様が天に帰られるのを

お見送りする火祭り行事です。

燃やすものは

お正月の松飾りやしめ縄、古神符など。

これらを持ち寄って神社の境内で焼き、

その煙に乗って神様が天に帰られるのを

お見送りするというものです。

また、

神様をお見送りする御神火にあたることで

新年の幸福(無病息災・商売繁盛)を祈る行事です。

新年ともなるとこのような「どんと祭」は

全国各地で見られますが

宮城県仙台市の大崎八幡宮で行われる

「どんと祭」は全国最大規模の祭。

約300年もの歴史があり、

無形民族文化財にも指定されていて

「松焚祭(まつたきまつり)」とも呼ばれる

全国的にも有名なお祭りです。

どんと祭
出典;宮城まるごと 探訪

大崎八幡宮(仙台市)では「裸参り」もある!?

1月14日といえば

寒さもかなり厳しい時期ですが

大崎八幡宮(仙台市)ではなんと

鉢巻とさらしでお参りする

「裸参り」があるんです!!

これは江戸中期には定着していたと

言われているようで

寒さ厳しい時期に仕込みに入る酒杜氏が

醸造安全・吟醸祈願のために

「御神火」を目指して「裸参り」したのが

始まりとされており、

今でも100組以上の団体、2500人前後の

参加があります。

こっ!これは!!

寒いのでしょうか?

それとも暑いのでしょうか!?

屋台も充実!

お祭りのもう一つの楽しみといえば・・・

屋台!!

大崎八幡宮ではこんなにたくさんの

屋台が出店されているので

お祭り気分がさらに盛り上がりそうです。

いつ開催?

仙台の大崎八幡宮で行われる「どんと祭」は

毎年1月14日開催と決まっており

2019年も例年通り

1月14日の16時から開催されます。

2019年は月曜日・祝日(成人の日)の開催と

なるため大いに賑わいそうですね。

会場はこちら!

交通アクセス

電車・路線バス利用の場合

・仙台駅西口バスプール10番・15番より仙台市営バスに乗車

→「大崎八幡宮前」下車

・地下鉄「北四番丁」駅下車

→「二日町北四番丁」バス停より仙台市営バスに乗車

→「大崎八幡宮前」で下車

・JR仙山線「国見駅」下車

→徒歩約20分

・JR仙山線「東北福祉大前駅」下車

→徒歩約15分

シャトルバス利用の場合

・国際センター循環線

国際センター駅北側→三居沢臨時駐車場

→大崎八幡宮→澱緑地臨時駐車場

時間:12時00分〜21時30分(15〜20分間隔)

料金:大人200円/小人100円

・泉中央〜イオン仙台中山線

泉区役所前→大崎八幡宮→イオン仙台中山店

時間:12時00分〜21時00分(15〜20分間隔)

料金:中学生以上400円/小人200円 (片道)

臨時便バス利用の場合

行きの便

仙台駅前 西口バスプール 16番のりば発

15時35分〜20時30分(約4〜10分間隔)

帰りの便

龍宝寺入口バス停のりば発

16時30分〜21時10分(約5〜10分間隔)

交通規制はあるの?

2019年の交通規制も例年同様

17時00分〜21時00分まで

下図の場所でかかります。

どんと祭 交通規制
出典;大崎八幡宮

混雑なども考えると

公共交通機関を利用した方が良さそうです。

まとめ

いかがでしたか?

新年早々、元気になれそうなお祭りですね!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!!