日大の内田正人監督が辞意表明!!悪質な反則行為の指示はあったのか?

シェアする

やっと?ことの重大さを受け止めたということか?

日大守備選手の過度な反則行為で関学大のクウォーターバック(QB)選手が負傷した問題で日大の内田正人監督が辞意を表明した。

事件の概要

2018年、5月6日 日大VS関西学院大の定期戦で事件は起きました。

関学大攻撃の1プレー目、関学大のクウォーターバック(QB)がパスを投げ終えた約2秒後に

日大の守備選手が背後から強烈なタックル!その後もラフプレーを続けて退場処分となっています。


出典;YouTube

映像を観る限りトラックに轢かれたくらいの衝撃がありそうですよね。

この悪質な反則行為により負傷した選手は、右ひざの軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間の診断を受けました。

全治3週間というのは日常生活を送るのにということであって、選手生活に復帰できるまでにということではないようです。

そして驚くことに

この件に関して本日に至るまで日大は明確な謝罪をしていなかったのです!!

悪質な反則行為は指示があったのか?

悪質な反則行為を犯した日大選手は内田監督から「やるなら出す」と反則行為を条件に出場の

機会を与えられたと証言。

一方、内田監督は「必死で頑張ってこい。戦え。厳しくやれ。」とは言ったが「違反しろという指示は出していない。」とのことで

あくまでも監督の指示と選手の受け取り方に乖離があったためとしています。

内田監督
出典;テレ朝news

両者の言い分には食い違いがあり、監督側はあくまでも選手が勝手に反則行為をしたと

主張している状態です。

ではなぜ、最初の悪質な反則行為の時点で指導せずラフプレーを続けさせたのか

疑問が残りますね。

本日内田監督が初めて怪我をした関学大選手とその保護者に謝罪

内田監督謝罪
出典;日テレNEWS24

2018年5月19日、内田監督は初めて怪我をした関学大の選手とその保護者に直接謝罪。その後、スーツにピンクのネクタイを締めた姿で記者会見に応じ監督辞意を表明。

 --タックルは監督の指示があったのか。

◆(関学大には)文書でこちらから誠意をもって答えたい。関東学生連盟の規律委員会にも、きちんと説明する予定です。

--指示があったかどうかは話せるのでは。

◆我々は150人の青年を預かっています。いろいろ個人個人の考えもあります。その辺のことをちゃんとしないと、僕が辞めても部の存続が難しくなってしまいます。これから部がどういう方向に行くべきかも含めて考えています。

--現役選手からもタックルは指示があったと言われている。

◆正直、いろいろな臆測やSNSの拡散にはもう対応しきれないところがありまして。僕も心外というのが正直なところです。

--大学の常務理事を辞される考えは。

◆それは違う問題ですので。

--タックルをした選手について。

◆すぐ話をしたが、非常に精神的に落ち込んでいるというか、気の毒な状態です。

--更生してほしいか。

◆はい。僕は本人が早く資格を回復していただいて、試合や練習に出られる立場にしていただきたいです。

--その選手やアメフット部のためにも、その指示は監督からのものだったのか(答えるべきでは)。

◆それは、我々の中では本人に直接ちゃんと言うつもりです。ここでは調査がありますので。すみません。

引用;毎日新聞

核心についてはほとんど語られていませんでした。

結局、監督は辞めても大学の常務理事としては残られるということでしょうか?

悪質なタックルをした日大守備選手は退部する意向だそうですが・・・

今回の悪質な違反行為は刑事事件に発展する可能性も・・・

負傷した関学大の選手の父親はすでに警察に相談しているとのことで「日大が指導方針を改めない場合、告訴も検討せざるを得ない」と語っており

警察が「選手と監督の悪質な共謀」と見なしたら、刑事事件に発展する可能性も

充分あります。

ネットの反応

この後に及んで保身に走る。
近年稀に見る
最悪対応ですね笑

出典;YAHOO!JAPANニュース

当該選手の早い復帰を望んでる?

いやいや、自身が雲隠れして、指示については乖離があったとし、事が大きくなってやっと謝罪に出向く自己保身の塊のくせに意味がわからない。

せめて、文書の回答は正直にありのままを答えるべき。

監督辞任で幕引きではない。
理事のポストで人事権を握っているなら同じこと。

出典;YAHOO!JAPANニュース

うーん、辞めれば解決、と思っているなら横柄な考え。関学の監督が言うように、なぜあのプレーが起こったかを考えることが大切。それを濁してはスポーツの未来はない。残念。

出典;YAHOO!JAPANニュース

は?反則選手の資格回復を早く? 意味不明なんだけど。矛盾してる。

だって監督の指示でやったんじゃ無ければ、監督の指導を裏切り、自分からものの数分の間に3回もあんな反則をやったんでしょ?そんな選手を日大はまだプレーさせるのか?日大の顔に泥を塗ったんだぞ。普通は自主退部じゃなく、辞めさせるべきでしょう。

監督の指示があった場合。
一方的に部員を辞めさせると、残った部員や諸々、対処(金か?)が必要になる。そら時間が必要だわね。
本人に最大限の保証を約束+資格回復に尽力を約束して責任をかぶってもらう。
ほかの関係者には、いかに最低限の経費で黙らせるか考えれば良い。

腐ったリンゴじゃないが、腐った大人は元に戻らないと思う。
大人だから、更生する時間少ないし。

出典;YAHOO!JAPANニュース

この人の最大の問題は”命を軽視する認識の甘さ”。
関学選手の命が一歩間違えば奪われていた可能性だけではない。
ラフプレイをした日大選手も、すべての責任を押し付けられ世論の集団リンチにあえば、一歩間違えば悲観して自殺の可能性すらあっただろう。
内田氏はすぐに表に出て会見を開くなどの行為を避けた。では「人の命より重要な用事とは何だったのか?」きちんと何をしていたのか説明すべきだと思う。
仮に監督の意図を選手が曲解したとしても、そのままプレーを続けさせたことは、選手の曲解した意図を容認したことを意図する。
命を軽視する人間に教育機関に携わる資格はない。理事も辞任すべきだ。

出典;YAHOO!JAPANニュース

といった声が上がっています。

今回の騒動について思うこと

結局、指示をしたのかしなかったのか良くわからない会見でしたね。

ラフプレーをされた選手も行った選手も観ていて悲しい気持ちになってしまいますね。

追記

悪質な反則行為によって負傷した関学大のクウォーターバック(QB)選手の父親が

内田監督の会見で真実が語られなかったことを受けて

2018年5月21日、大阪府警に傷害容疑で被害届を提出し受理されたたことを

明らかにしました。

関学大 父
出典;日テレnews24

目の前でご自身の息子さんが悪質な反則行為を受けて本当にお辛い思いされたと思います。

負傷した関学大のクウォーターバック(QB)選手の父親が言っているように

真実を明らかにして再発防止に努めていって欲しいですね。

1日も早く怪我が完治して復帰できることを願っています。