浅草・酉の市!2020年はどんな熊手をゲット?交通アクセス、屋台もチェック!

シェアする

毎年11月の酉の日に開催される

浅草 酉の市」!

江戸っ子の粋なお祭りの熱気が

今年もスゴイ!?

2020年はどんなお祭りとなるか?

お目当ての熊手は?

早速チェック!!

浅草 酉の市とは?

天日鷲命(あめのひわしのみこと)と日本武尊(やまとたけるのみこと)をお祀りしている

浅草の鷲神社で

毎年11月の酉の日に開催される例祭です。

なぜ酉の日に開催されるかというと・・・

昔々、天照大御神が天之岩戸にお隠れになり、天宇受売命が岩戸を開いた際に

弦という楽器を司った神様の弦の先に

鷲が止まったため

神様達が世を明るくする鳥だとお喜びになり、

この弦をお持ちになっていた神様を

天日鷲命と称されるようになったという

社伝から毎年11月の酉の日に

開運、殖産、商売繁盛を祈願する例祭が

開催されるようになったそうです。

2020年の11月は酉の日が3回あり

11月2日(月)が一の酉、

11月14日(土曜日)が二の酉、

11月26日(木曜日)が三の酉、

となっています。

浅草
出典;じゃらん

開催日時と場所

開催

期間

2019年

11月2日(月曜日)、

11月14日(土曜日)、

11月26日(木曜日)

開催

時間

各日とも

0時00分〜24時00分まで開催

場所 鷲神社

なんで熊手なの?

浅草の鷲神社では酉の市の時だけ授与される「熊手御守」というのがあります。

有名な御守りなのでご存知の方も

多いかと思います。

ではなぜ熊手の形なのかご存知でしょうか?

「熊手御守」は開運・商売繁盛の御守りとして一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ

良運を搔き集めるため熊手の形をしている

そうです。

良運を搔き集めるために持ち方は

頭より高い位置が良いとも言われてるんですよ〜。

ちなみに、例祭日の午前零時に打ち鳴らされる一番太鼓とともに一番先に鷲神社で熊手御守を

受けた人には「一番札」として鷲神社の金小判が授けられます!

ありがたや〜!!

熊手のデザインや大きさも様々ですね。

気になる熊手のお値段は?

熊手は数百件の熊手屋さんが

威勢の良い掛け声とともに売っています。

小ぶりの豆熊手なら¥1000くらいから、

大きい熊手だと数十万円くらいまであり、

売れ筋は¥5000〜¥50000くらいの物

だそうです。

お店もデザインもとにかく豊富!!

その中から自分のお気に入りの熊手を探すのも

楽しいですよ。

お店の方に自分の予算を伝え、

上手に値切り交渉を行い、

値切った分のお金をお店の方に

ご祝儀として置いてくるのが粋な買い方の様です。

お店の方も熊手を渡して下さる時に皆で

一本締めや三本締めをして下さることも多く

熱気がすごいです。

皆で福をかっこみましょう!!

交通アクセス

電車の場合

・地下鉄日比谷線「入谷駅」下車

→北口3番出口より徒歩約10分

・Txつくばエクスプレス「浅草駅」下車

→徒歩約15分

・地下鉄銀座線「田原町駅」下車→徒歩約20分

JR「鶯谷駅」下車→南口より徒歩約20分

・東武線・メトロ浅草線/銀座線

「浅草駅」下車→徒歩約20分

バスの場合

・都バス:日暮里〜錦糸町「竜泉バス停」下車→徒歩2分

駐車場

専用の駐車場はありません。

近隣の有料駐車場はコチラ!

酉の市当日は混雑が予想されるため

公共交通機関での来場をオススメします。

屋台情報

鷲神社神社を目指す道中、

150軒と言われる熊手屋さんと800軒とも言われる

食べ物などの屋台が並んでいるので

その熱気を味わってみてはいかがでしょうか?

浅草 酉の市 屋台

出典;浅草酉の市

屋台はお祭りの日は24時間営業!

毎年同じ屋台が出店するとは

限らないのですが、

2019年も多くの屋台の出店が

期待できそうです。

混雑を避けたい方は午前中だと

比較的混雑回避できそうです。

まとめ

いかがでしたか?

2019年の酉の日は

二の酉が土曜日となっているので

大いに盛り上がりそうですね!!

是非、お気に入りの熊手をゲットして

福をかっこんでくださいね。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!!