浅草・羽子板市2019!いつ開催?羽子板の値段もチェック!!

シェアする

浅草・浅草寺で毎年12月に開催される

羽子板市」!

毎年約30万人の人出で賑わうとても活気溢れるお祭りです。

華やかに年の瀬を飾るこのお祭りについて、ご紹介します。

日程

開催

日時

2019年

12月17日(火曜日)、18日(水曜日)、19日(木曜日)

※毎年同日開催

開催

時間

9時00分〜21時00分
開催

場所

東京都台東区浅草2-3-1

浅草寺境内

料金 入場無料

羽子板市とは!?

毎年12月17〜19日の3日間、浅草・浅草寺境内で開催されるお祭りです。

浅草・浅草寺では毎月18日が観世音菩薩の縁日なのですが12月18日は一年の無事に感謝して来年も良い年にと願う「納めの観音」として特に人手が多く盛り上がります。

数十件の羽子板を売り出しているお店や、50店近くの美味しい屋台も出店されており、羽子板を選びながら屋台で暖まったりと楽しみ方色々!

始まりは1659年(万治2年)。

浅草の商人さんが年末年始のしめ縄やお飾りを路上で売り出したのが始まりだそうです。

その後、江戸末期頃から華やかな羽子板を売るお店が中心となり、人気役者さんの顔などが施された羽子板を競って買うようになっていき、その売れ行きが当時の役者さんの人気のバロメーターのようなものでした。

現代でいうとファンがいかに推しメンのグッズを買い求めるかといった状況ですね^_−☆

江戸情緒の残るこの浅草・羽子板市は年の瀬の浅草の風物詩として毎年盛り上がりを見せてくれます。

羽子板市

出典:浅草観光連盟

羽子板は縁起物!?

そもそもなんでお正月に羽子板なんでしょう?

羽子板ってよくお正月遊びの羽根つきで使うやつだよね?

とも思いましたが、それだけではないんです!

実は羽子板って縁起物なんですよ。

羽子板は「邪気を跳ね返す板」として女の子の健やかな成長を願って初正月を羽子板で祝ったり、お正月に女性に魔除けとして送ったりする習慣もあるそうです。

また、羽子付きの羽は虫を食べるトンボに似ていることから悪い虫を食べる、羽の先端に付いている「豆」から、「豆に暮らすことができる」などと言われていて縁起物として扱われているんですよ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

お気に入りの羽子板を見つけよう!

羽子板市には毎年数十件のお店がずらりと軒を連ねています。

羽子板の大きさも2メートルの大きいものから20センチの小さな豆板まで色々・・・。

よく売れるのは60センチくらいの羽子板ですね。

絵柄も助六、藤娘などの歌舞伎ものから、今年1年で活躍した方々の似顔絵など様々です。

浅草羽子板市 本日最終日#浅草寺羽子板市 pic.twitter.com/SlNt07cmO2

— t0606s (@tocchi_a05t11) 2017年12月19日

羽子板市三日目。今朝も暖かく良い天気です🌞昨日はかなり多くの人が出ていましたね💡本日いよいよ最終日、皆様の御来店をお待ちしております🙇‍♀️🙇#浅草 #浅草寺 #歳の市 #羽子板市 #仲見世 #ドカベン #水島新司 #チコちゃんに叱られる #ボーッと生きてんじゃねーよ #出川哲朗 #コマチヘア pic.twitter.com/4hvrT154eI

— コマチヘア (@komachihair) 2018年12月19日

とにかく羽子板の種類も豊富!

特に「押し羽子板」と言われる羽子板は立体的で色彩も美しい!

その技術は東京の伝統工芸品に指定されていて職人さんが作り出す一点物です。

初めて羽子板を購入する方は直感で「これだ!」っていう羽子板をゲットするのも良いですが、一度会場をぐるりと一周して色々なお店の羽子板を見比べて目で楽しんでから「これだ!」という羽子板をゲットするのが良いかと思います。

毎年羽子板市を訪れている方が毎年同じお店で選ぶというのも

これまた粋ですね^_−☆

せっかくの縁起物ですし、選び抜いた自分だけの羽子板をゲットしてみるのも良いかと思います。

気になる羽子板の値段の相場は?

年末で財布のヒモが緩みがちとはいえ羽子板の値段・・・。

やっぱり気になりますよね。

羽子板市で売り出されている羽子板の値段は・・・

サイズ 値段
ミニ 500〜1000円
1000〜5000円
10000〜50000円
数万〜数十万円

相場はだいたいこのくらいですかね。

縁起物の一点物で値段がついていない羽子板も多いので、

そんな時はお店の人に聴いてみましょう!

この交渉もまた楽しい!!

聴いている人もついつい笑っちゃいますよ(^○^)

値切ったお代をご祝儀としてお店に置いていく、これがまた粋な買い方ですね。

そのお礼にとお店の方が一本締めや三本締めでお客さんの1年の繁栄を願ってくれます。

景気づけにもってこいです!

あっ!!

定価でのお支払いでも大丈夫ですよ!

嫌な顔をされることもないでしょう。

わーわー盛り上がるあの雰囲気を是非味わってみてください!

交通アクセス

電車の場合

東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線・都営地下鉄浅草線(A4出口)・東武スカイツリーライン

「浅草駅」から徒歩すぐ

つくばエクスプレス線「浅草駅」から徒歩約6分

車の場合

浅草寺付近の道路は交通量も多く慢性的に渋滞となりやすい場所となっているため車での来場は控えたほうが良いでしょう。

また、

残念ながら浅草寺には駐車場はなく、羽子板市専用の臨時駐車場の用意もありません。

できる限り公共交通機関を利用した方が良さそうです。

やむを得ずどうしても車で!という場合は近隣コインパーキングを利用する必要があるかと思います。

浅草寺付近のコインパーキングはこちら!

人でも多く、道が狭いところも多いので運転には十分ご注意を!

まとめ

いかがでしたか?

12月の寒さも吹っ飛ばす活気溢れるこのお祭り!

来年のゲン担ぎにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき

ありがとうございました!!